FXのチャートにおける三羽烏というセオリー

FXのチャートにおける三羽烏というセオリー

FXのチャートには、セオリーが色々あります。
現在私はパソコンを用いて、ある金融会社のローソク足を見ているところです。

そのロウソク足を見ると、ちょっと1つの情報が読み取れます。

カラスです。

カラスというのは、為替業界では黒いローソク足を示します。

この金融商品には、ロウソクの色は2種類有るのです。

白い色のローソクは外貨の価格が上昇していることを示しますが、黒い色になっている場合は価格が下落していることを示します。

ところで現在私が見ているパソコンの画面上で、黒いローソク足が3つ連続で出現している状況です。

それは何を示すかご存知でしょうか。

「今後価格の下落が発生する可能性が高い」事を示します。

上記のパソコンの画面で3つ連続で黒いローソク足が出ているので、カラスは3羽連続で出現しているのです。

このような状況のことを、為替業界では「三羽烏」と表現されるケースがあります。

三羽烏が出現した時は、どういうわけか価格が下落することが多いです。

したがって上記のパソコン画面に映っている外貨の価格は、今後は下落していくのではないかと予想できるわけですね。

なお三羽烏というのは、FXのチャートを見る時のセオリーの1つなのです。

何も三羽烏だけでなく、この金融商品には色々なセオリーが存在します。

その色々なセオリーを勉強することが、外貨で投資を行う時にはとても重要と言われているのです。

FXでは勉強が大事だと考えているのは、恐らく私だけではないと思います。