FXは取引しなくてもスワップ金利で利益を出せる

FXは取引しなくてもスワップ金利で利益を出せる

FXというと2つの為替の価格差を利用して利益を生み出すというのがその基本的な考え方です。
ただ、為替というのは短期間でそんなに大きく変動するものではありませんから、多くの投資家は短期間に何十・何百といった数多くの取引を行い、小さな利益を積み上げていきます。

FXではレバレッジを活用することで効率的な取引を行うことも可能ですが、それには大きなリスクも伴います。

レバレッジを10倍にして取引すれば利益は10倍になりますが、損失が発生すれば損失も10倍になります。

リスク管理の観点から言えば、毎回レバレッジを使うのはあまりお勧めできません。

ところが、FXには為替を所有しているだけで、取引せずとも利益を出すことができるシステムがあります。
これが「スワップポイント」です。

スワップポイントでは2つの為替の金利差をポイントとして換算します。

日本円(金利0.1%)で豪ドル(金利4%)を購入した場合、その金利の差額3.9%に所持している通貨数を掛けたぶんの利益が発生します。

たとえば、1万豪ドルを持っていれば3.9×1万で3万9千円を365で割った金額を毎日受け取ることができます。

このように、スワップポイントを活用することで取引せずとも利益を出せるというメリットがあるのです。