FXとは本当に初心者にも有利な投資なのか

FXとは本当に初心者にも有利な投資なのか

外国為替証拠金取引、英語ではmarginForeigneXchangetradingと言いますが、二ヶ国の通貨を売買することで利益を得る取引です。

簡単に考えると、円を持っている人がアメリカドルを買い、そのドルの価値が高まったところで円に換えます。

その差額が利益になるのです。

またFXとはは、手元にある資金を担保にすることで、その金額の何倍もの取引が出来ます。
この取引方法をレバレッジと呼んでいます。

例えば、100万円が手元にあり、これに対しレバレッジを10倍にすると、1,000万円の取引が出来ることになります。

ここで恐ろしいのは、100万円しかもっていないのに、1,000万円の取引が成立することで、利益が出た場合には全く問題はありませんが、差損を出した時にはすぐ様その不足分を拠出しなければなりません。

ですから手元資金の他にも、万が一に金額を用意出来るようにする必要があります。
そのためハイリスク、ハイリターンの投資と言われます。

しかし法制が改正になり、2011年に25倍と規制がかかりました。

特に初心者は、このレバレッジに対しては、少なめに抑えることが良いと言われていて、5倍程度から始めると良いと言われます。

これもあくまで、自己資金の用意がある時に限り、賭け事のように一発勝負は危険ですから、お薦め出来ません。

FX取引は、インターネットで24時間常に取引が可能なことも、多くの方の支持を得ているのでしょう。